身体の疲れが抜けない方へ

日々のお仕事の疲れ、勉強による疲れ、育児による疲れ。

人は、毎日生活するために色々な疲れリフレッシュを繰り返しながら活動しています。

若い時は、徹夜しても平気で、寝れば12時間ぐっすり寝た方もおられるでしょう。

しかし、年齢が上がるにつれて、寝てもしんどい、元気がないといった身体の疲れを訴える方も多いです。

原因は、各々の生活環境に潜んでいるので、「これだ」というのは特定できません。

お仕事内容によって大きく変わりますが、職人系の方の場合は、同じ動き、動作、利き腕などが関わってきます。

調理師の方の例をあげましょう。(右利きの方の場合)

一日何個も同じ食材をさばきます。

左手で食材を抑え、右手でさばく。

同じリズムで、同じ大きさに切る。

場所は固定された環境。

そうなると、筋肉もすごく負担がかかる筋肉があり、また負担が少ない筋肉も出てきます。

これが毎日続くわけですから、身体のしんどい所、大丈夫な所とハッキリ違いが出る事はお分かりだと思います。

人間の身体は骨があって、筋肉に覆われています。

無理な姿勢が日々続くと、骨が歪み、筋肉が固くなります。これが疲れの取れない原因のひとつです。

当院では、骨の歪みをDRT療法というやり方で調整し、固くなった筋肉を鍼で緩めるやり方を行います。

ボキボキ骨を痛めつけるような事は一切致しません。

とてもソフトなやり方です。

こんなんでいいのと驚かれる方も少なくありません。

人の身体は外部からの刺激に強くありません。

赤ちゃんと接するように、優しく柔らかく身体を扱ってあげることがとても大事なことなのです。

八木鍼灸治療院

〒600-8894京都市下京区西七条市部町13-2