身体の不調のサイン!?

あぁ~なんか疲れた、ぐっすり寝ればいいっか。

こういうことは皆さん一度は経験したことがあると思います。

しかし、これは身体が不調を訴えているサインなんです。

若い時は、徹夜しても翌日はまずまず生活ができます。

20代後半ぐらいになるとそうはいかない、眠い、だるいなど。

そうなると生活習慣の見直しが必要になってきます。

食生活だったり、休暇の取り方だったり。

生活習慣というのは、自分自身で作るものです。

全てが思うようにコントロールはできなくても、自分でリズムを作ることが非常に大事です。

年齢が上がるにつれ、大きくリズムを崩してしまうと、良い状態に戻すのに数日かかってしまいます。

一番避けてほしいのは、すぐに薬に頼ってしまう事。

生活習慣は自分で作り上げるものですから、自分で解決できるはずです。

軽く体操してみたり、数日甘いものやお酒を断つなど。

やれることはたくさんあります。やってみて体調が戻らない時は、当院のDRT(背骨調整法)を受けてみるのもいいかもしれませんね。

八木鍼灸治療院

〒600-8894京都市下京区西七条市部町13-2